バス釣り歴数週間のビギナーも、ン十年のベテランもフィールドに立てばみ~んな平等。僕たちのココロをつかんで離さないバス釣りに関する気になること、興味はあるけどいまさら聞けないあれこれを、すべてのバス釣りアングラーの強~い味方、メジャークラフトのヒロセマンこと広瀬達樹さんが真心込めて全力解説!! そう、すべてはもっともっとバス釣りを楽しむために!


ラインをゼロからリールに巻いてみる!

今回は知っているようで知らない。あるいはスルーされがちなラインの巻き方について。

画像1: 教えてヒロセマン!ゼロから始めるビギナーENJOYバス釣り【リールにラインを巻こう編】便利グッズもご紹介!

「巻き方」とは言ってもルアーを結んでリールを巻くリトリーブのことではないですよ! 買ったリールにラインを巻く方ですね。お店でリールとラインを買うとサービスでラインを巻いてくれることもありますが、ラインは古くなったり太さを変えるときに巻き直すもの。自分で巻けるようになりましょう!

【スピニング編】まずはロッドにリールをセット!

画像1: 【スピニング編】まずはロッドにリールをセット!

リールとロッドでひと組。これを組み合わせる。ガイドが大きく下を向いているのがスピニングロッドだ。

画像2: 【スピニング編】まずはロッドにリールをセット!

① グリップのナット(つまんでいる部分)を回して緩める。写真の左側、竿先側にナットがあるロッドもある

画像3: 【スピニング編】まずはロッドにリールをセット!

② スペースができたらリールのフットを、ナットの逆側(写真の左側)の差し込み口に入れる。

画像4: 【スピニング編】まずはロッドにリールをセット!

③ ナットを締め込む。緩いと外れることもあるのでしっかりと。

【ベイト編】ベイトリールをロッドにセット!

画像1: 【ベイト編】ベイトリールをロッドにセット!

スピニング同様、ロッドとリールを組み合わせる。ガイドが小さく上を向いているのがベイトロッド。

画像2: 【ベイト編】ベイトリールをロッドにセット!

① ナットを回して緩める。ベイトのナットは、写真の位置にあるのがほとんどだ。

画像3: 【ベイト編】ベイトリールをロッドにセット!

② スピニングと同じく固定された側からリールフットを差し込む。

画像4: 【ベイト編】ベイトリールをロッドにセット!

③ ナットを締め込んで完了。どちらも行程は同じ。



リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

画像1: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

ラインの巻く量を確認! 写真中央部に、4lbのラインが、最大150メートル巻けるとある。

画像2: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

リールをロッドにセット。こうすると巻きやすい。

画像3: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

サオ先側から、リール側へラインの先端をガイドに通す。ガイドは全て通す必要はなく、リールに最も近いところだけに通せばOK。

画像4: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

かならず、ベイル(半円の太いワイヤー状のパーツ)を返す(起こす)。

画像5: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

ベイルを返した状態で、スプール(写真では黒い縞模様の部分)にラインを掛け、結びつける。結び方は、ほどけなければ固結びでもOK。

画像6: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

ゆるみなく結びつけたら、余分なラインをカット。

画像7: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

ベイルを戻し、ラインをつまんで抵抗を掛けながら巻き始める。抵抗で熱くなるので、濡れたタオルなどでつまもう。

画像8: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

ふたりで巻くときは、写真のようにラインスプールに軸をさして抵抗が掛かるように持ってもらう。このときもヤケドに注意!

画像9: リールの空のスプールに、ラインを巻いてみる!

スプールのフチ、写真では細い黒い帯部分が残る程度が、ベストな巻き量。この目安は、リールによって取り扱い説明書に明記されているので、参照してみよう。

一人で巻くときは、こんな便利グッズも!

画像: 高速リサイクラー[第一精工]

高速リサイクラー[第一精工]

ヒロセマンは道具(第一精工の高速リサイクラー)を使い部屋などで確実に巻く主義。現場で巻くことはない。

ENJOY! オススメロッドはベイト!

画像1: ENJOY! オススメロッドはベイト!
画像2: ENJOY! オススメロッドはベイト!

【デイズ DYC-692MH】
●全長:6ft9inch
●アクション:レギュラーファスト
●対応ルアー:1/4~1oz
●対応ライン:12~20lb
●価格:15,300円(税抜き)

やっぱり、あこがれのベイトで釣りたい〜!という人への1本がこちら。軽めのリグから、ぶっ飛びバイブレーションまでこなすツブシの効くモデルだ。

画像2: 教えてヒロセマン!ゼロから始めるビギナーENJOYバス釣り【リールにラインを巻こう編】便利グッズもご紹介!

ビギナーにも扱いやすいです。遠投もできるので大きめなハードルアーで秋バスを広範囲から探ってください。

タックルの用意が一人でできるようになれば、道具の基本が押さえられている証拠。さあ、レッツエンジョイ!

このほかヒロセマン推奨ロッドはこちら!


[釣りPLUS]関連記事



This article is a sponsored article by
''.