本場アメリカで毎年開催されているB.A.S.S.バスマスターオープン。参戦するにはボートやクルマ、そして渡航費用などを工面する必要がある。今回立ち上がった「Abema TV Presents WORLD CHALLENGE」(以下、ワールドチャレンジ)は、選ばれた1名の参戦をフルサポートするという日本初のビッグプロジェクトだ。毎週土曜日にAbema TVの釣りチャンネルでオンエア中!

3名が横一線に並んだ大接戦のリーグB初戦!

選抜アングラー3名と1名の一般公募アングラーで競われるリーグB。徳島県旧吉野川で開催された第1戦は、アベマビデオでも視聴可能だ。今回は、12月8日21時から放送される第2戦初日の見どころを紹介したい。なお、下の画像は第1戦終了時の成績。なんと3名のアングラーが横一線に並ぶという大接戦だった。

画像: ワールドチャレンジはポイント制で競われている。最後まで同率の場合は、獲得総重量により勝敗が決せられるシステムだ。

ワールドチャレンジはポイント制で競われている。最後まで同率の場合は、獲得総重量により勝敗が決せられるシステムだ。

ロクマルの宝庫七色ダムがリーグB第2戦の舞台。選手の意気込みをお届け!

過去にフロリダバスが放流され、60センチオーバーも珍しくない奈良県七色ダムが第2戦の会場だ。古くから知られる西日本屈指のリザーバーだが、もちろんアングラーによって経験値は異なる。ではここで、試合開始前の4名のコメントをお届けしよう。まずは伊藤巧さん。「第1戦を終えて思ったことは、勝負しにいかないと結構きついなと。今回も勝つなら大勝ち、負けるなら大負けという気持ちで臨みます」。

画像: ■伊藤巧(いとう・たくみ) 2017年艇王チャンピオンカーニバル優勝者としてリーグBに選出される。2016年、2017年のルアーマガジン陸王も獲得しており、人気・実力ともに急上昇中。リーグB第1戦はトップウェイトで通過。

■伊藤巧(いとう・たくみ)
2017年艇王チャンピオンカーニバル優勝者としてリーグBに選出される。2016年、2017年のルアーマガジン陸王も獲得しており、人気・実力ともに急上昇中。リーグB第1戦はトップウェイトで通過。

続いて木村建太さん。「七色ダムは手堅く釣ればいいフィールドじゃない。自分らしく可能な限り、ウエイトを伸ばします」。

画像: ■木村建太(きむら・けんた) 4年に一度開催される艇王レジェンドの勝利者としてリーグBに選出された。琵琶湖を拠点とするが、5年以上前からバスマスターオープンに精力的に参戦中。

■木村建太(きむら・けんた)
4年に一度開催される艇王レジェンドの勝利者としてリーグBに選出された。琵琶湖を拠点とするが、5年以上前からバスマスターオープンに精力的に参戦中。

メーカー推薦による人気投票で参戦権を獲得した加木屋守さん。「七色ダムはほぼ初めてです。プラクティスの感触では広範囲にバスが散っているようです。スピーディーに巻き物で探って、一発でかいのを釣りたいですね」。

画像: ■加木屋守(かぎや・まもる) 「マーモ」の愛称で人気の若手アングラーだ。メーカー推薦による人気投票でリーグBへの参戦権を獲得した。

■加木屋守(かぎや・まもる)
「マーモ」の愛称で人気の若手アングラーだ。メーカー推薦による人気投票でリーグBへの参戦権を獲得した。

最後は、150人以上の一般応募からリーグBへの参戦権を獲得した野村勇輔さん。「七色については分からないことが多いので、なんともいえないです。他の3人が3人なんで、自分にやれることを精一杯やります」。

画像: ■野村勇輔(のむら・ゆうすけ) 一般参加枠としてリーグBに選ばれた。2016年のバスマスターオープンに、ノンボーターとして2度参戦した経験がある。

■野村勇輔(のむら・ゆうすけ)
一般参加枠としてリーグBに選ばれた。2016年のバスマスターオープンに、ノンボーターとして2度参戦した経験がある。

第2戦初日の放送は12月8日21時から。ビッグフィッシュの乱打戦に期待!

画像: 朝もやの湖面に浮かぶ伊藤さんの愛艇。関西屈指のリザーバーをどう攻略するのだろうか。

朝もやの湖面に浮かぶ伊藤さんの愛艇。関西屈指のリザーバーをどう攻略するのだろうか。

昔からの人気フィールドなので一筋縄ではいかないが、一撃3キロオーバーの巨体も珍しくない七色ダム。4名の熱い戦いぶりをAbemaTVでチェックしていただきたい。また、リーグAとリーグBの以前放送分はアベマビデオで視聴可能。史上最大の巨大プロジェクトを見逃すな!

動画はこちらからチェック!


AbemaTV WORLD CHALLENGE 関連リンク



This article is a sponsored article by
''.